ホーム > 開発の流れ

開発の流れ



ヒアリング・事前調査

仕様確定/システム設計イラスト 開発のスタートは、お客様の業種・業態を踏まえ、ご要望を理解するためのヒアリング・事前調査から始まります。FileMakerを活用して「何ができるのか」の詳しいご説明はもちろん、プロのヒアリングを通してお客様の潜在ニーズを引き出していきます。
既にFileMakerを導入されているお客様には、既存システムを確認・把握し、システム拡張等のご要望をお聞きします。


要件の定義と課題の特定

事前調査で得た情報をもとに、お客様のニーズを満たすシステムの要件を決めて行きます。
また、そのために必要となる作業対象や範囲を策定します。



仕様確定/システム設計

開発の骨格となるシステムの概要を決定し、仕様などの詳細、具体的な内容を確定します。その内容に基づいてシステム設計に着手します。



開発(画面デザイン・プログラミング)

ここからが実際の開発作業です。開発過程では、デモ版で画面デザインを確認していただくなど、必要に応じてお客様と打ち合わせすることで、詳細を確認していきます。開発過程での変更や追加修正などもお気軽にご相談ください。
また、並行して本番稼働環境の整備や既存システムからのデータ移管の準備も進めていきます。



仮納品/検証テスト

システムの仮納品を行います。ここではお客様による本番稼働移管前の検証を行っていただきます。
検証期間中に、万一仕様違いや障害が発生した場合、不具合を修正し、再度検証テストを行います。



納品

すべてのプログラム・機能が仕様通り動作することを確認し、お客様による検証完了後、正式な納品となります。



導入/本稼働

 

ご導入後も、安定期まではしっかりサポートいたします。使い方、疑問等がございましたらお気軽にお尋ねください。
また、ご要望に応じて年間を通じてのサポートプログラム(バージョンアップ等)も実施しておりますので、ぜひご活用ください。




トップへ

お問合せ、ご相談 ファイルメーカービジネスアライアンス ファイルメーカービジネスアライアンス オンラインデモ iPadソリューション ファイルメーカーカンファレンス